ニュースルーム — MSC
パーソナルツール
ログイン

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

セクション
現在位置: ホーム ニュースルーム

検索語

Country: フランス

検索結果

| rss feed for this search

RSS配信 で、このトピックの最新情報を受け取る

北大西洋のブルーホワイティング漁業が初のMSC認証審査入り

2014年08月13日

オランダ、ドイツ、フランス、イギリス、リトアニア、デンマーク、アイルランド各国の遠洋ブルーホワイティング漁業が共同でMSCの認証審査入りをしました。最近見られる複数国の遠洋漁業が共同で認証取得を目指すケースでは、審査コストの削減や管理システムの共同改善といったメリットがあります。

北東大西洋のサバ漁業が共同でMSC再審査へ

2014年07月10日

700隻を超える北東大西洋のサバ漁船のMSC認証の再審査が本日より開始されます。漁船には、手釣り沿岸漁業から小型漁船や大型の遠洋トロール漁船までが含まれます。北東大西洋におけるサバをめぐる紛争に対処するために、多国籍の漁業が一体となりサバ業界北部持続性同盟 (MINSA)が設立されました。

コタンタンとジャージーのロブスター漁業、持続可能な識別ブレスレットを発表

2013年04月11日

2011年の6月にMSC認証を取得した英仏ロブスター漁業のロブスターに識別用の「ブレスレット」が付けられることになりました。MSCの青いエコラベルが入ったこのブレスレットは、環境と自然資源に配慮した漁業によるロブスターの証しです。漁船から食卓まで、はっきりと目に見える形での持続可能なトレーサビリティが実現したのです。

フランスのケンタッキーフライドチキンがMSC認証で持続可能な漁業を支持

2012年10月19日

【フランス発】ファストフード業界大手のKFC France 社は、海洋管理協議会(英語名:Marine Stewardship Council: 以下MSC)の認証の取得により、より高い水準での持続可能な発展を支持する姿勢を示しました。

ニュージーランドのホキ漁業、3度目のMSC認証取得

2012年09月28日

ニュージーランドの人気ある白身魚であるホキが、3度目の持続可能な漁業のためのMSC認証を取得しました。世界中で3度目の認証取得を初めて果たした漁業のうちの一つとなりました。

最新の調査の結果、消費者のMSCエコラベルへの支持が増えています

2012年09月04日

独立のアンケート調査の結果、少なくとも毎月、もしくは2ヶ月に一度は水産物を購入する消費者の30%が、持続可能で適切に管理された漁業のためのMSCエコラベルを認識していることが分かりました。

フランスのタラとハドック漁業、MSC認証取得

2012年04月19日

北東北極海におけるタラとハドック漁業が、フランスで5番目の漁業として持続可能な漁業のためのMSC認証を取得しました。

ジャージーとノルマンディーのロブスター漁業がMSC認証取得

2011年06月14日

ノルマンディーとジャージーの英仏に跨るロブスター漁業が、持続可能で適切に管理された漁業のためのMSC認証を取得しました。

大きく上昇したMSCエコラベルの認知度

2010年10月04日

成人の4人に1人に近い人口が、海洋管理協議会(MSC)のエコラベルを知っている-AMR Marketing Research 社[1]が2010年7月に行った調査によると、2008年から2.5倍以上の伸びを見せています。