最優良事例を満たすために — Marine Stewardship Council
パーソナルツール
ログイン
現在位置: ホーム MSCについて MSC認証制度の信頼性

最優良事例を満たすために

持続可能な天然魚漁業に対する世界有数の認証プログラムを提供するため、MSCのエコラベルと認証制度は最優良事例ガイドラインを満たしています。しっかりとしたプロセスや独立性、透明性、公平性、及びステークホルダーとの協議といった価値を維持するために、国際的で専門的な基準を順守しています。

水産物認証とエコラベル制度において、以下の全ての国際基準と一致しているのはMSCだけです。

責任ある漁業のための行動規範(国連FAO)
水産物エコラベルのためのガイドライン(国連FAO)  
社会環境基準設定のための適正実施規範(ISEAL)
世界貿易機関の貿易の技術的障壁に関する協定

 

責任ある漁業のための行動規範(国連FAO)

持続可能な漁業のためのMSC環境規準は、国連食糧農業機関の「責任ある漁業のための行動規範(CCRF)」に基づいています。この規範は、持続可能で環境に配慮した漁業を推進するための国際的な枠組みとして1995年に策定されました。世界各国の漁業の保護、管理及び開発のための原則及び基準を規定しています。

FAO責任ある漁業のための国際行動規範(FAOウェブサイト)

水産物エコラベルのガイドライン(国連FAO)

MSCプログラムは、この国際的に合意された漁業認証及びエコラベル制度に関する原則と完全に合致しています。エコラベル制度に関するこのガイドラインの要点としては:
•    科学的証拠に基づいた客観的な第三者による漁業審査
•    ステークホルダーとの協議や異議申し立ての手続が盛り込まれた透明なプロセス
•    対象魚種の持続可能性、生態系、管理システムの3つの要素に基づいた規準

2006年の9月に上記のガイドラインすべてに完全に合致することができました。

水産物エコラベルのガイドライン(国連FAO)

社会環境基準設定のための適正実施規範(ISEAL)

国際社会環境認定表示連合(ISEAL)は、社会環境問題に関する規準を定める主要な国際機関です。メンバーになるためには、ISEALの適正実施規範に合致する、信頼性に関する非常にレベルの高い規準を有していることを実証しなければなりません。そのために、以下の条件を満たす必要があります。

  • 規準の設定は、公開された透明な参加型プロセスによって行われる
  • 規準に対する明らかなニーズがある。
  •  規準の制定に際しては最も周辺部の関係者にも発言権が保証されている

ISEALのウェブサイト

WTO/TBT貿易の技術的障壁に関する協定

基準や規制によって、貿易の技術的障壁(TBT)と呼ばれる貿易障壁が生じ、国によっては国際貿易への参加やその恩恵を享受できないという不公平さが生じることがあります。WTO貿易の技術的障壁に関する協定は、規準による不必要な貿易障壁を防ぐためにあります。ISEALでは、国際環境法センター(CIEL)に法的見解を求め、ISEALの適正実施規範を満たしている組織は技術的障害に当たらないことを確認しています。

世界貿易機関(WTO)・貿易の技術的障壁に関する協定(WTOウェブサイト)

 

ドキュメントアクション