『MSCってなぁに?』『海のエコラベルってなぁに?』 MSCについて、お魚の未来について、考えてみませんか? 自由研究の題材にもピッタリ!

焼き魚に煮つけ、フライ、寿司、さしみ、練り物…。

私たちは、毎日たくさんの水産物を食べています。でも、今のペースで魚を獲り続け、食べ続けていたら、子どもたちが大人になる頃には魚がいなくなっているかもしれません。

海や魚を守るために、私たちができることは何でしょう?

子どもたちも、小さな消費者の一人。ぜひ一緒に考えてみませんか?

今、海や魚はどうなっているの?

魚は、卵をうんで自然にふえていくものですが、みんなが食べている世界の魚たちはこの40年で半分にへってしまいました。その理由は、魚がふえる数よりも、たくさんとりすぎているということ。

このままでは、魚がいなくなって、もう食べられなくなってしまうかもしれません。

だから、魚がいなくならないようにルールを決めてとることが大切です✨

MSC「海のエコラベル」は、海を大切にして、ルールを守ってとられた魚につけられているのです。

スーパーやレストランで、MSC「海のエコラベル」がついたお魚を見つけることができます🐟

MSC「海のエコラべル」がついた魚をえらび、みんなが海を大切にしていけば、いつまでも魚をおいしく食べられるはずです!

MSC「海のエコラベル」って?

海や魚をまもるためには、海を大切にして、魚をとりすぎないことがだいじです。そんな「海や魚にやさしい方法」でとられた魚には、MSC「海のエコラベル」がついています。スーパーやお店で、ぜひ「海のエコラベル」をさがしてみてください。みんなの買いもので、海や魚をまもろう!

    MSC 海のエコラベル横

MSCクイズにチャレンジ!

環境にやさしい「MSC認証漁業とは?」

未来の豊かな海のために考えられた3つのルールを守る漁業のことです!

ルール①魚をとりすぎないようにする

魚が海にたくさんおり、いなくなるの心配がないということ

ルール②魚や生き物のすみかを守る

漁業が海鳥やウミガメ、絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)を一緒にとってしまったり、海の環境を傷つけたりしないこと

ルール③決まりをしっかり守る

漁業がこくさい的なルールや、国のルール、取り決めなどにより、しっかり管理されていること

 

海を守る印、MSC「海のエコラベル」

MSC「海のエコラべル」は、環境にやさしいMSC認証漁業でとられた水産物に付けられます。みんながこの、エコラベルのついた商品を選ぶことが、将来の世代へ水産物をのこしていくことにつながります。

こっちも見てみよう!

日本ユニセフ協会の、「子どもと先生の広場」でも、MSC「海のエコラベル」が紹介されているよ✨

教員の皆様へ

全国の中学校などで配布される、副教材はこちらよりダウンロードできます。


  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}