MSC「海のエコラベル」付き製品取り扱い企業の紹介

MSC「海のエコラベル」を使用している企業を紹介します

イオンリテール株式会社

MSC認証でヒット商品を生むイオン

「水産物は、サステナブルな管理で未来まで食べ続けられる。」

流通大手のイオンが、MSC認証商品(たらこ・明太子・鮭)を初めて発売したのは2006年。「石油や石炭などの枯渇資源と違い、水産物はきちんと管理して獲れば、未来まで食べ続けられる」という考えのもと、数々のMSC認証商品を手がけてきました。2017年に発売した塩さばは、年間500万パックも売れる大ヒット商品に。
水産資源を守る商品を選ぶ消費者は着実に増えそれが働く社員の励みになっているそうです。また「適切な管理により、高品質な鮮魚を安定して調達できるのも、MSC認証のメリット」とのこと。今後もより多くの消費者に「環境に配慮したMSC認証のものだからおいしい」と言ってもらえるよう、商品拡大に取り組んでいます。

日本生活協同組合連合会

日本生協連は、2007年にMSC認証のコープ商品(PB)の発売を始めました
2017年には、ノルウェー産さばを原料とした商品の開発を行うなど、取り扱い魚種・品数を拡大し、日本生協連のMSC認証商品の供給高は前年比440%となる41億円に伸長しました。(供給高とは、日本生協連に加盟する会員生協への売上高のことです。)

日本生協連では、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」について、生協もその一端を担うべく、本年6月、7つの取り組みを通じてその実現に貢献することを約束する「コープSDGs行動宣言」を採択しました。
そのうちの1つとして掲げられた「持続可能な生産と消費のために、商品とくらしのあり方を見直していきます」に基づく具体的な取り組みとして、水産部門のコープ商品におけるMSC認証とASC認証の商品の供給金額構成比を2020年までに20%以上に引き上げることを目標としています。

パナソニック株式会社

社員食堂で、MSC認証食材を使ったメニューを提供

パナソニック株式会社は、日本で初めて社員食堂に継続的な「サステナブル・シーフード」の提供を開始。一番の目的は、水産資源の現状や海の豊かさを守るMSC認証食材の重要性を社員に伝えることを通して、消費行動を変革し、持続可能な社会作りに貢献すること。そのために、パネルやポスターなどの展示も実施。活動は多くのメディアで取り上げられたほか、この事例に倣って導入を決定した企業も現れました。MSC認証食材入りのメニューは人気を博しており、ほぼ毎回、約3割の社員がこのメニューを選んでいます。


導入前に最も大変だったのは「給食、流通などのすべての過程においてCoC認証を取得する必要があったこと」とパナソニック株式会社ブランドコミュニケーション本部CSR・社会文化部 事業推進課 喜納 厚介さんは語ります。「取引先の皆様にCoC認証という言葉の意味から説明し、認証取得をお願いしました。丁寧に説明を重ねた結果、取引先企業が業界初のCoC認証を取得し、他企業にもこの動きが広がっています」。今後の目標は、2020年までに約120拠点にある全ての社員食堂にMSC認証食材を導入することだそうです。
  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}