MSCの漁業規準

MSC 漁業認証規準は、漁業が適切な管理のもと持続可能に行われているかということを審査する際に用いられます。

この規準は、国際的に認識されている最新の科学と管理に基づくものです。

またこの規準は、科学者、水産業界、環境保護活動家との協議を重ねたうえで随時策定や見直しが行われます。

どのように用いられるのですか?

 

漁業が漁業認証規準を満たすとして認証されると、その漁業により獲られた水産物は MSC エ
コラベルをつけて販売されます。

 

MSCの漁業規準に照らしあわせて認証を取得することは、すべて任意によるものです。こ
の規準は、天然の海水および淡水生物の漁獲を行うすべての漁業を対象とし
ています。魚類・貝類・甲殻類などが対象です。(哺乳類、鳥類、両生類、
爬虫類は対象外です。)

漁業の審査は、国際的に認定を受けた独立的な認証機関により行われます。

何が審査されるのですか?

MSC 漁業規準は 3 つの原則から成り、すべての漁業はこれらを満たさなければなりません。

原則 1:資源の持続可能性
過剰な漁獲を行わず資源を枯渇させないこと。枯渇した資源については回復を論証できる方
法で漁業を行うこと。

原則 2:漁業が生態系に与える影響
漁業が依存する生態系の構造、多様性、生産力等を維持できる形で漁業を行うこと。

原則 3:漁業の管理システム
地域や国内、国際的なルールを尊重した管理システムを有すること。また、持続可能な資源
利用を行うための制度や体制を有すること。


MSC 漁業規準の3 原則

Graphic showing 3 principles of the MSC Fisheries Standard

P1: 資源の持続可能性

P2: 漁業が生態系に与える影響

P3: 漁業の管理システム 

認証機関が、漁業の取り組みを 3 原則の下にある 28 の業績評価指標に照らし合わせて審査を行います。


  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}