まき網

まき網漁業は外洋で行われ、マグロやサバなどの表層魚種の群れを対象とした漁業です。

垂直に垂らされたカーテン状の網で魚群を取り囲み、巾着の紐を締めるように網の底を閉じて漁獲します。

Purse Seine fishing gear illustration

一般的に、外洋で行われるまき網漁業は、効率的な漁法と考えられています。海底と接触せず、また混獲率を低く抑えることもできます。MSC認証を取得したまき網漁業は、その魚種の資源が維持されるように、確実に十分な量を残さねばなりません。そのために親魚を目標として網目の大きさを調整することにより、小型魚を逃がすことができます。

まき網漁業は、人工集魚装置(FADs)を利用して集まった魚を漁獲することもあります。しかし、この漁法では混獲率が上がることもあるため、MSC認証を取得するためにより効果的な管理が求められます。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}