MSC CoC認証規格とは

海から食卓まで、水産製品は多くの段階をたどるゆえ、サプライチェーンは非常に複雑になりえます。製品にMSCラベルを表示するためには、サプライチェーンのすべての企業が有効なCoC認証を持っていなければなりません。

認証を取得するためには、独立した審査機関による審査を受ける必要があります。

 

何が審査されるのですか?

認証を取得するためには、以下の5つの原則を満たす必要があります。

 

  1. 原則1

    認証製品は認証取得サプライヤーから購入されなければならない

  2. 原則2

    認証製品であることが識別できなければならない

  3. 原則3

    認証製品は分別されなければならない

  4. 原則4

    認証製品は追跡可能であり、数量が記録されなければならない

  5. 原則5

    事業者の管理システムは、本規格の要求事項に対応するものでなければならない

事業形態によって異なるニーズに対応

MSCのCoC認証規格は2015年に改訂され、現在は標準バージョン以外に、グループ向けと消費者向け事業者(CFO)用のバージョンがあります。規格は3年ごとに見直されます。

詳しくはこちらから

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}