漁法について

商業的な漁業には様々な漁法が使われており、それぞれが海洋環境になんらかの影響を与えています。しかし適切に管理すれば、実質的にすべての漁法が、責任ある、そして持続可能なものに成りえます。

MSCの認証プログラムに参加している漁業で、使用されている漁法は一般的に下記のものになります。

爆発物や毒を使った漁業を除き、天然の水産物を漁獲するすべての漁業は、MSC漁業認証規格による審査対象となります。生息地や個体群に対する漁業の影響は、独立した審査チームにより審査されます。

MSCについてもっと詳しく

MSCがわかるリーフレット

MSCがわかるリーフレット

MSC「海のエコラベル」やMSCの取り組みをわかりやすく紹介したリーフレットをダウンロードいただけます。

持続可能な漁業とは?

持続可能な漁業とは?

MSCの漁業認証規格は、漁業の持続可能性を測定する一つの手段です。漁業が認証を取得するための審査では、3つの原則を満たしていることが求められます。

日本のMSC認証漁業

日本のMSC認証漁業

MSC漁業認証を取得した日本の漁業一覧です。MSCの厳格な認証規格に適合した、水産資源と環境に配慮し適切に管理された持続可能な漁業であることが認められています。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}