漁業を持続可能に

健全的な水産資源を保つための十分な魚の量を維持することが、MSCの漁業認証規準の中核となっています

 

認証漁業は、対象とする魚の資源が健全でありかつ生産的であることを示さなければなりません。それは、どのぐらいの魚が漁獲されるのか、そしてどのぐらいの魚が繁殖の為に残されたのかというバランスに関するものになります。

魚が持続可能な水準を下回った場合、認証漁業はその漁獲量を調整することが求められます。それをしない場合には、その漁業の認証は一時停止となります。認証一時停止となった漁業は、その魚の資源を回復させるための管理方策を立案するまで、ラベルを付けて製品を販売することが出来ません。

MSCは、皆様がMSCの規準を信頼できるよう、その環境への影響をモニタリングしています。MSCは毎年その結果をグローバルインパクト報告書として発行しています。

Watch video

MSC「海のエコラベル」をえらぼう

0:47

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}