漁業認証ガイド

審査を円滑に進め、費用を抑えるためには、準備をしっかりとすることです。審査は第三者機関により行われますが、MSCがサポートします。

漁業が審査の対象となる漁業

MSC認証プログラムは漁業の大きさや規模、水域、技術レベルにかかわ らず、すべての天然漁業に対し、平等なアクセスを推進しています。単一の魚種を対象とする漁業、複数の魚種を対象とする漁業、底引き網漁業、延縄漁業、手堀り漁業、かご漁業、淡水漁業、海洋漁業、沿岸漁業、沖合漁業、底魚漁業、遠洋漁業、増殖漁業も対象です。

適用範囲外の漁業

両 生 類 、は 虫 類 、鳥 類 お よ び / もしくはほ乳類を対象としている漁業
毒物や爆発物等を使った破壊的漁業
過去2年以内に強制労働の罪で起訴され、有罪となった漁業もしくは企業
国際的合意に対し、一方的な免責規定の 元で行われている漁業
完 全 な 養 殖 業( 但 し 、一 部 の 増 殖 漁 業 は 審査の適用範囲にあります)

増殖漁業

適用範囲内です。MSC認証の適用範囲に含まれるのは次 の3つです。

1. CAG(採取して育てる)例:ロープに よる垂下式のムール貝養殖
2. HAC(孵化放流)例:稚魚をある程度 まで飼育し放流したあと、漁獲する サケ漁業
3. HM(生息域の改変)例:人工魚礁(住 処)を作ってロブスターを定着させ る漁業

漁業審査を行うのは?

審査は独立した第三者認証機関により行われます。

 

審査費用

審査費用は漁業クライアントが負担します。費用はMSC ではなく、選定された認証機関に対して支払われます。 既に認証を取得した漁業からの情報によれば、費用は 15,000米ドルから120,000米ドルまでとかなりの幅が あり、漁業の複雑さや情報量、ステークホルダーの関与などにより変わってきます。コストに見合った価値 あるサービスが受けられるよう、複数の認証機関から見積もりをとることを推奨しています。

審査期間

MSC漁業認証の審査に要する期間は平均で12ヶ月から18ヶ月です。

データ不足の漁業の場合

小規模漁業や開発途上国の漁業に特に多く見られるデータ不足漁業の審査には、リスク評価に基づく審査枠組み(RBF:Risk Based Framework)が適用されます。

サポート

認証を求める漁業を支援するため、多くの機関が資金援助を行っており、様々な可能性があります。資金援助に 関する最新情報については、最寄りのMSC事務所にお問 い合わせください。 

また、持続可能な漁業として認証されるために必要な改善を図 ろうと多くの漁業が尽力しているなか、これに関連して、漁 業改善プロジェクト(FIP)と呼ばれる組織的な取り組みが 進められています。予備審査で、MSC規準を満たしていないという結果が出 た場合には、認証を取得するために必要な改善措置を促 すツールを利用したり、技術的なサポートを受けることができます。

MSC漁業認証審査の概要

 

 

採点方法

漁業認証規準の3原則に基づき採点されます。

60点は受け入れられる最低ライン、80点はグローバルな最善事例、100点は完璧に近いレベルを示しています。
認証を取得するためには:
– 各28のPIの得点が60点以上
– 各3原則のPIの平均点が80点以上

60点以上80点未満のPIが一つでもあれば、決められた期限内(通常 は5年以内)に80点以上にまで業績を改善するための是正措置が求められます。

認証を取得したら?

MSC漁業認証取得漁業となります。認証の有効期間は最大5年で、その間定期的に監査を受けることになります。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}