漁業認証ガイド

審査を円滑に進め、費用を抑えるためには、準備をしっかりとすることです。審査は第三者機関により行われますが、MSCがサポートします。

漁業が審査の対象となる漁業

MSC認証プログラムは漁業の大きさや規模、水域、技術レベルにかかわ らず、すべての天然漁業に対し、平等なアクセスを推進しています。単一の魚種を対象とする漁業、複数の魚種を対象とする漁業、底引き網漁業、延縄漁業、手堀り漁業、かご漁業、淡水漁業、海洋漁業、沿岸漁業、沖合漁業、底魚漁業、遠洋漁業、増殖漁業も対象です。

適用範囲外の漁業

両 生 類 、は 虫 類 、鳥 類 お よ び / もしくはほ乳類を対象としている漁業
毒物や爆発物等を使った破壊的漁業
過去2年以内に強制労働の罪で起訴され、有罪となった漁業もしくは企業
国際的合意に対し、一方的な免責規定の 元で行われている漁業
完 全 な 養 殖 業( 但 し 、一 部 の 増 殖 漁 業 は 審査の適用範囲にあります)

増殖漁業

適用範囲内です。MSC認証の適用範囲に含まれるのは次 の3つです。

1. CAG(採取して育てる)例:ロープに よる垂下式のムール貝養殖
2. HAC(孵化放流)例:稚魚をある程度 まで飼育し放流したあと、漁獲する サケ漁業
3. HM(生息域の改変)例:人工魚礁(住 処)を作ってロブスターを定着させ る漁業

漁業審査を行うのは?

審査は独立した第三者認証機関により行われます。

 

審査費用

審査費用は漁業クライアントが負担します。費用はMSC ではなく、選定された認証機関に対して支払われます。 既に認証を取得した漁業からの情報によれば、費用は 15,000米ドルから120,000米ドルまでとかなりの幅が あり、漁業の複雑さや情報量、ステークホルダーの関与などにより変わってきます。コストに見合った価値 あるサービスが受けられるよう、複数の認証機関から見積もりをとることを推奨しています。

審査期間

MSC漁業認証の審査に要する期間は平均で12ヶ月から18ヶ月です。

データ不足の漁業の場合

小規模漁業や開発途上国の漁業に特に多く見られるデータ不足漁業の審査には、リスク評価に基づく審査枠組み(RBF:Risk Based Framework)が適用されます。

サポート

認証を求める漁業を支援するため、多くの機関が資金援助を行っており、様々な可能性があります。資金援助に 関する最新情報については、最寄りのMSC事務所にお問 い合わせください。 

また、持続可能な漁業として認証されるために必要な改善を図 ろうと多くの漁業が尽力しているなか、これに関連して、漁 業改善プロジェクト(FIP)と呼ばれる組織的な取り組みが 進められています。予備審査で、MSC規準を満たしていないという結果が出 た場合には、認証を取得するために必要な改善措置を促 すツールを利用したり、技術的なサポートを受けることができます。

MSC漁業認証審査の概要

 

 

  1. Pre-assessment (optional)

    Identifies any potential challenges for certification. If pre-assessment is positive a fishery may proceed directly to full assessment. Alternatively, a fishery may first address issues that need improvement.

  2. Full assessment

    Includes opportunities for stakeholder input and peer review. Takes between 8 and 18 months with the average time being 12 months.

  3. Certification

    Lasts up to five years. During this time the fishery makes any improvements required as a condition of certification.

  4. Annual audits

    Examine any significant changes that might have occurred either in the physical environment or in the management of the fishery.

  5. Reassessment

    Occurs within five years of the last certificate being granted.

採点方法

漁業認証規準の3原則に基づき採点されます。

60点は受け入れられる最低ライン、80点はグローバルな最善事例、100点は完璧に近いレベルを示しています。
認証を取得するためには:
– 各28のPIの得点が60点以上
– 各3原則のPIの平均点が80点以上

60点以上80点未満のPIが一つでもあれば、決められた期限内(通常 は5年以内)に80点以上にまで業績を改善するための是正措置が求められます。

認証を取得したら?

MSC漁業認証取得漁業となります。認証の有効期間は最大5年で、その間定期的に監査を受けることになります。

Ready for the next step?

MSC Get Certified Guide PDF cover image

Download our guide

Get Certified! Your practical guide to the MSC fishery assessment process (PDF 19KB)

Download guide
Square crop of world map with countries in blue

Contact your local MSC fisheries representative

We have colleagues based in offices around the world to guide you through the process of getting your fishery certified to the MSC Fisheries Standard.

Find your local representative
  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}