漁業管理の改善

持続可能な漁業は、適切な管理によって成り立ちます。

健全な資源量のもとに漁獲を行うとともに、漁業は生息域や他の水生生物に対するその影響を考慮していること示さなければなりません。また、資源が減少したときに、どのように対処するのかという計画が必要になります。

漁業がMSC認証を受けるためには、持続可能性に対する審査で結果がだせるようにしていなければなりませんが、それでもほとんどの場合改善の余地が見当たります。多くの漁業が、認証取得後も、特定の部分を改善することが求められます。

2016年には、認証漁業の94%が、その操業における持続可能性を強化、あるいはモニタリングし、少なくとも一つの改善を行う必要がありました。

その中でも最も際立った改善点は、生息域への認証漁業の影響に関するものでした。2017年に調べられた185の認証漁業のうち、39の漁業が生息域の管理に関して少なくとも一つの改善が必要とされました。これらの改善とは、より詳細な研究や漁業の影響の把握を行うこと、漁具の改良を必要とする、あるいは特定の海域で漁業を避けることが含まれていました。

 

117の生息環境の管理が改善

同様に、MSC認証漁業は、不要な漁獲を減らすための多くの改善を行ってきました。2007年から2013年の間、60の漁業が不要な漁獲に関する課題を解決しました。

MSC環境インパクト報告書2017

持続可能な水産物の認証が、海洋資源の保全にどのようなインパクトを与えているかを包括的に分析した報告書です。

報告書を読む(英語)
  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}