貝桁(かいけた)網

貝桁網は、底引き網の一種で、桁(けた)とよばれる重くて頑丈な漁具で海底を曳き、ホタテやカキ、ハマグリなどの二枚貝を漁獲します。

貝桁の構造は、目標とする貝の種類によりさまざまですが、多くは三角形の形をしています。網の入り口にある棒(ツメが付いている場合もある)が海底をひきずられ、貝を掘り起こし、網のなかに取り込みます。一方、水流を用いた桁網では、水を噴射することにより貝を海底から掘り起こします。特定の大きさの網目を選び、混獲防止装置を使用することで、小さすぎる貝や目標外の生物の混獲を防ぎます。

Dredging fishing gear illustration

貝桁網漁業による環境への影響は、海底環境の性質によって大きく異なります。貝桁網の種類や操業の頻度に関しては、しばしば厳しい規制がかかることがあります。

MSC漁業認証を取得した貝桁網漁業は、海底環境への影響を最小限に抑えるよう対策をしています。

貝桁網が操業できる海域を制限したり、従来のものよりも軽い桁網を採用したり、その海底生息域の特性が失われないようにする装置を使うなどの対策を行っています。

もっと詳しく

MSC「海のエコラベル」とは

MSC「海のエコラベル」とは

MSC「海のエコラベル」は、水産資源と環境に配慮し適切に管理された、持続可能なMSC認証漁業で獲られた天然の水産物の証です。

漁業-MSC漁業認証

漁業-MSC漁業認証

漁業がMSC漁業認証を取得するためには、MSCの厳格な規格を満たす必要があります。

MSC漁業認証 取得ガイド

MSC漁業認証 取得ガイド

MSC漁業認証の取得をご検討の場合は、こちらのページをご覧ください。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}