一本釣り

一本釣りは、一本の糸に1個から数個の釣り針を付けた釣り糸と竿を使う漁法です。

目標とする群れが来たら、漁船後尾より水が撒かれます。同時に、イワシなど餌になる小魚も海面に撒かれることで、カツオ・マグロ類はまるで餌の群れに遭遇したかのように、視界に入るものすべてに噛みつき、餌を奪い合う状態になります。漁業者は、釣竿と返しのない釣り針を用意し、漁船の後方に沿って並びます。釣り針にかかった魚は竿の力で跳ね飛ばされ、漁業者の頭上を通って、デッキに揚げられます。

Pole and line fishing gear illustration

MSC漁業認証を取得した一本釣り漁業では、混獲率が低く、持続可能な水準で漁獲を行っており、これらの魚種資源が健全に保たれるようになっています。

もっと詳しく

MSC「海のエコラベル」とは

MSC「海のエコラベル」とは

MSC「海のエコラベル」は、水産資源と環境に配慮し適切に管理された、持続可能なMSC認証漁業で獲られた天然の水産物の証です。

漁業-MSC漁業認証

漁業-MSC漁業認証

漁業がMSC漁業認証を取得するためには、MSCの厳格な規格を満たす必要があります。

MSC漁業認証 取得ガイド

MSC漁業認証 取得ガイド

MSC漁業認証の取得をご検討の場合は、こちらのページをご覧ください。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}