プレスリリース

MSCの最新ニュースをご紹介するプレスリリースです。

世界の有名シェフたちによるMSC認証水産物を使った「サステナブルなブルーレシピ」を公開

1月 8, 2021

MSC認証プログラムとMSC「海のエコラベル」を通じて、水産資源と環境に配慮した持続可能な漁業の普及に取り組む国際的な非営利団体MSC(海洋管理協議会)は、日ごろから水産資源のサステナビリティに高い関心を持つ世界の有名シェフたちが考案した「サステナブルなブルーレシピ」を公開しました。MSCが活動する日本、イギリス、スウェーデン、イタリア、韓国、アメリカ、南アフリカ等の世界21カ国で公開され、世界中の消費者に対し、水産物を購入する際はサステナブルな選択について考えていただくよう促すグローバルなキャンペーンです。

MSCジャパンでは、このキャンペーンにご協力をいただいた世界各国の10人のシェフのうち、日本で手に入りやすい魚種を使った4人のシェフのレシピを紹介します。MSCのグローバルアンバサダーであり、来日して日本のシェフとイベントに出演した経験もあるオランダのバート・ファン・オルフェン氏、イギリスのMSCアンバサダーを長年務める、フードライターでレストランオーナーのミッチ・トンクス氏、ベルギーの料理番組でパーソナリティを務めるダグニ・ロス・アスムンズドター氏、中国からはケリーホテル浦東上海でエグゼクティブ・シェフを務めるオットー・ゴー氏のレシピです。

MSCとのコラボレーションについて、バート・ファン・オルフェン氏は次のように述べています。「『サステナブルなブルーレシピ』は、地球に住む私たちが、シーフードを楽しむと同時に水産資源を保護できるということを示したものです。MSC認証のサステナブル・シーフードを選ぶことは、海の環境を守るだけでなく、持続可能な漁業に取り組む漁業者も応援することになるのです。」

今年から、サステナブルな生活を始めてみませんか? ご自宅でサステナブルな魚介類を使った料理をつくりながら、魚の未来を守りましょう。ぜひ、レシピを作って「#海のエコラベル」とハッシュタグを付けてSNSで投稿したり、周りに「サステナブルなブルーレシピ」を広めてください。


【「サステナブルなブルーレシピ」キャンペーン概要】

期間:2021年1月8日(金)から1月29日(金)
ウェブサイト: https://stories.msc.org/jp/bluerecipe

レシピ:
サステナブルなブルーレシピ

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}