MSC認証制度の特徴

MSCの「海のエコラベル」のついた製品を選べば、あなたは持続可能な漁業まで追跡可能な水産物を選んだことになります。

 

MSCのラベルを目印にすれば、持続可能な水産物を選択するために専門的な知識やガイドがなくてもよいのです。

 

MSCは、国際的に最善と考えられているガイドラインや基準を満たしており、それがラベルの信頼性につながっています。いくつもの調査研究により、MSCの「海のエコラベル」が他と比べて最も信頼でき、かつ広く普及した持続可能な水産物の目印であることが示されています。

天然の水産物のみが対象

 

「海のエコラベル」は天然の魚だけについています。養殖の魚は、ASCの緑色のロゴのついた製品をお選びください。

 

すべての海洋生物に対する考慮

他のプログラムのなかには、イルカの保護や、一本釣り漁業により獲られたことだけを証明するものもあります。一方、MSCの「海のエコラベル」は、水産資源や海洋環境を幅広く考慮して獲られたことを示すものです。

漁業主体の制度

WWFや海洋保護協会(イギリス)、モントレーベイ水族館(アメリカ)、オーシャンワイズ(カナダ)などにより運営される格付けやガイドのプログラムもありますが、それらは様々な水産物に対してというよりも、一般的な格付けを行うものです。これらは専門家が公開情報を検討し、作成していますが、独自の見解が加味されることもあります。


一方、MSC認証は特定の漁業に対して行われ、MSCの規準に照らし合わせて独立した専門家によって審査されます。審査員は、その漁業についての情報をもつ人に聞き取りを行い、入手できるすべての情報を考慮したうえで、MSC規準に合致するかどうかを判断します。

なお、上記の格付けプログラムにおいても、MSC認証水産物はしばしば推奨されています

グローバルに運営

アイスランドの責任ある漁業管理機構(IRFM)証明プログラムやアラスカシーフードマーケティング協会(ASMI)の責任ある漁業管理認証など、特定の地域で獲られた水産物にのみ特化したプログラムもあります。一方、MSCのラベルは、世界中の水産物を対象としています

審査の厳格性

MSC漁業認証の審査は、18ヵ月程度で完了します。漁業を審査する専門家チームで構成された、独立した適合性審査機関(CAB)が審査業務を実施しています。この審査チームは漁業を現地訪問し、関係するすべてのステークホルダーに話を聞き、利用可能なすべてのデータと情報を考慮して、その漁業が認証されるべきかどうか決定することが義務づけられています。この審査結果は、独立した専門家による外部査読にもかけられます。

トレーサビリティ

 

MSCの認証水産物のためのCoC認証は、世界で唯一の国際的なサプライチェーンにおけるトレーサビリティプログラムです。これにより、MSC「海のエコラベル」が付いた水産物は、認証漁業にまでさかのぼることが出来ます。

DNA検査では、MSCラベルが付いた水産物の誤表示率は1%未満であることが示されています。

誤表示の多い一般のマーケットと比較すると、MSCのDNAテストの結果は非常に良好です。ある研究によれば、一般の水産物のマーケットにおける誤表示は平均して30%にも上るという結果が出ています。

世界最高水準

 

MSC は、世界水産物持続可能性イニシアチブ(GSSI)に承認された唯一の国際的な水産物ラベリング制度であり、これは FAO(国連食糧農業機関)のガイドラインを満たしていることを証明するものです。

 

Watch video

MSC「海のエコラベル」をえらぼう

0:47

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}