刺し網

刺し網は、海中にカーテンのように張られる網です。刺し網には、固定されたものや、三重構造になったものなど数種類あります。

 

一般的に、刺し網が海底と接触する部分は小さく、環境への影響は比較的小さいと言えます。また、獲れる魚の大きさは網目の大きさにより左右されるため、網目を大きくすることで稚魚の混獲を防ぐこともできます。


 


海域ごとに特定の魚種を狙って操業される場合でも、それ以外の魚種を混獲したり、他の海洋生物がかかってしまったりすることがあります。
刺し網漁業でMSC認証を取得するために、漁獲物のモニタリングや第三者的なオブザーバーによる監視の強化などの改善が求められることがあります。また、ある漁業では漁具の改変も行ったり、海洋哺乳類の混獲を防ぐため網に音響警報装置を取り付けたりすることもあります。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}