持続可能(サステナブル)な漁業とは?

持続可能=サステナブルな漁業を行えば、十分な魚を海に残してその生息域を保護し、漁業で生計をたてる人々の生活を安定させることができます。

持続可能性を測るということ

漁業の持続可能性は、漁業の規模・地理的条件・漁法にかかわらず、審査されます。MSCの漁業規格は漁業の持続可能性を測定する一つの手段です。漁業が審査される際、以下の3つの原則が考慮されます。

  1. 原則1:資源の持続可能性

    過剰な漁獲を行わず、資源を枯渇させないこと。枯渇した資源については、回復を論証できる方法で漁業を行うこと。

  2. 原則2:漁業が生態系に与える影響

    漁業が依存する生態系の構造、多様性、生産力等を維持できる形で漁業を行うこと。

  3. 原則3:漁業の管理システム

    地域や国内、国際的なルールを尊重した管理システムを有すること。また、持続可能な資源利用を行うための制度や体制を有すること。

持続可能性は未来のため

漁業の持続可能性は、認証取得後も続きます。MSC認証を取得したあとも漁業は定期的に審査され、その多くはさらなる改善を行うことが必要とされます。また科学的な研究も常に進められ、漁業が次の世代のための海洋資源を守る新たな方法を見つけ出しています。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}