持続可能(サステナブル)な漁業とは?

持続可能=サステナブルな漁業を行えば、十分な魚を海に残してその生息域を保護し、漁業で生計をたてる人々の生活を安定させることができます。

持続可能性を測るということ

漁業の持続可能性は、漁業の規模・地理的条件・漁法にかかわらず、審査されます。MSCの漁業規格は漁業の持続可能性を測定する一つの手段です。漁業が審査される際、以下の3原則が考慮されます。

①資源状態が健全である

十分な魚が残されていますか?漁業活動は資源量を永続的に維持できるレベルでなければならず、資源量が生産的かつ健全に維持されなければなりません。

②生態系への影響が小さい

環境への影響が把握されていますか?漁業活動は、生態系の他の種や生息域が健全な状態になるように注意深く管理する必要があります。

③漁業管理のシステムがある

適切に管理されていますか? MSC認証漁業は、関連する法律を遵守し、環境の変化に適応できなければなりません

  1. Sustainable fish stocks

    Are enough fish left in the ocean? Fishing must be at a level that ensures it can continue indefinitely and the fish population can remain productive and healthy.

  2. Minimising environmental impact

    What are the impacts? Fishing activity must be managed carefully so that other species and habitats within the ecosystem remain healthy.

  3. Effective fisheries management

    Are operations well managed? MSC certified fisheries must comply with relevant laws and be able to adapt to changing environmental circumstances.

持続可能性は未来のため

漁業の持続可能性は、認証取得後も続きます。MSC認証を取得したあとも漁業は定期的に審査され、その多くはさらなる改善を行うことが必要とされます。また科学的な研究も常に進められ、漁業が次の世代のための海洋資源を守る新たな方法を見つけ出しています。

  • '{{item.Image.Title}}', {{item.Image.Artist}}, {{item.Image.Description}}